製品案内

MonsterX3 SDK開発キット

SDK
MonsterX3は、最大1920x1080p 24fps対応のHDMIビデオキャプチャカードです。ハイビジョンカメラ、ゲーム機などから出力される映像をパソコンに表示・録画する等のシステムの開発が可能です。



  開発環境
 

・CPU : Intel Core 2Duoプロセッサ 2.0GHz 同等またはそれ以上

・メモリ : 2GB以上

・動作対象OS : Windows7( 32Bit/64Bit) / Windows Vista( 32Bit/64Bit) / WindowsXP(SP2以降32Bit)
           各OSとも日本語版のみ対応

・開発ツール :Visual Studio 2008

・ソフトウェア :C++

※SDKの利用には、C++およびDirectXの基礎知識と経験が必要です。

 


  開発キットの内容(一例)
 

・APIドキュメント(英語PDFファイル)

・サンプルアプリケーション ソースコード(VS 2008)

・ミドルウェア バイナリファイル

 


  開発キットで行える機能例
 

・480p/720p/1080i/1080pソースからのライブオーディオ/ビデオプレビュー 
・ビデオプレビュー設定
 -明るさ/コントラストのコントロール
 -入力ソースと解像度の自動検出
 -コピー防止信号の検知 
 -ビデオプロセッサーチップの設定
・録画フォーマット :MPEG2/MPEG1L2または非圧縮フォーマット
・BMPファイルへの静止画キャプチャ
・録画ファイルの再生機能(再生、一時停止、停止、コマ送り)

 


  ファンクション一覧 (抜粋)
 
 一般機能
  MX_InitCheckDeviceAvailability :有効性とハードウェアタイプの検出をします。
MX_GetHWType :ハードウェアタイプを取得します。
MX_Init :デバイスの初期化をします。
MX_Deinit :デバイスを開放します。
MX_EnableAero :VistaでAeroテーマの有効か無効かを設定します。
BOOL MX_IsAeroEnabled :Aeroが有効か無効かを取得します。
MX_ResetVSyncPollCounter() :VSyncの検出を行うカウンターをリセットします。
MX_GetIgnoreVSyncPollNotification :VSync通知が無効かを取得します。
MX_SetIgnoreVSyncPollNotification :VSync通知を有効または無効にします。

 ダイレクトショーグラフの管理機能
  MX_GetGraphState :現在のグラフ状況を取得します。
MX_GetLastGraphBuildErrorCode :グラフの最後のエラーコードを取得します。
MX_BuildNullGraph :Nullグラフを作成します。
MX_BuildPreviewGraph :プレビューグラフを作成します。
MX_BuildRecordGraph :録画グラフを作成します。
MX_BuildPlaybackGraph :再生グラフを作成します。
MX_TearDownSubGraph :crossbar captureフィルタ以外のフィルタを削除します。
MX_TearDownPlaybackGraph :再生グラフを破棄します。
MX_HandleGraphEvent :アプリケーションがDirectShowのイベントを受け取れるようにします。


 コーデック管理機能
 

MX_SetPresentMCMPEG2Index :MPEG2のエンコード方法を設定します。
MX_GetPresentMCMPEG2Param :プリセットされているMPEG2パラメータを取得します。
MX_SetMCMPEG1L2BRIndex :MPEG1L2のエンコード方法を設定します。
MX_SetPresetH264Index :H.264のエンコード方法を設定します。
MX_GetPresetH264Param :プリセットされているH.264パラメータを取得します。
MX_SetAACBRIndex:AACのエンコード方法を設定します。
MX_DisplayFilterPropertyPage :コーデックのプロパティページを表示します。
MX_GetFilters :フィルタのオブジェクトを取得します。


 オーディオ/ビデオプレビュー管理機能
 

MX_SetAudioSource : オーディオ入力を設定します。
MX_SetVideoSource : ビデオ入力をを設定します。
MX_SetUseAVIDecomp : AVIデコンプレッサフィルタを使用するかどうかを設定します。
MX_ChangeWindowHost :ビデオ表示スクリーンを設定します。
MX__RepaintVMRVideo :ビデオプレビューウィンドウを再描画します。
MX__ResizeVideo :ビデオウィンドウのサイズを設定します。
MX__UpdateCaptProcAmpColorSetting :明るさ/コントラストを設定します。
MX__SetAdvColorSetting :RGBゲインとオフセットを設定します。
MX__SetADCSOG(), MX__SetADCAutoGain(), MX__SetADCAutoOffset() :
ADCオートゲインとオートセットを設定します。


 静止画キャプチャ機能
 

MX__SnapImageByVidRndr, MX__SnapImageByVidProc :静止画イメージをキャプチャをします。


 再生機能
 

MX__GetPlaybackVideoRes:ビデオの解像度を取得します。
MX__GetPlaybackVideoFrameRate:フレームレートを取得します。
MX__GetPlaybackFileDuration :再生時間長を取得します。
MX__SetPBGraphOps :再生/停止/一時停止を行います。
MX__PlaybackCanFrameStep :コマ送り再生できるかどうかを取得します。
MX_StepFrame :コマ送りします。
MX_GetCurrPlaybackPos :現在の再生位置を取得します。
MX_SetCurrPlaybackPos :現在の再生位置を設定します。


 コピー保護管理機能
 

MX_SetCGMSStatus :CGMSの状態を設定します。
MX_GetCGMSStatus :現在のCGMSの状態を取得します。
MX_IsSourceMVProtected :MacroVisionの状態を検証します。


 アドバンス機能
 

MX_Readl2c :I2Cからデータを読み出します。
MX_WriteL2C :I2Cからデータを書き込みます。


 

 


ご購入に際して     

SDKは35万円(税抜)となります。
年間サポート価格は15万円(税抜)となります。
ご購入いただくにあたって、使用許諾契約書の締結が必要となります。
内容は以下よりご確認いただけます。

使用許諾契約書(PDF)


FAQ


お問い合わせ

  • Page Top
エスケイネット株式会社( SKnet )